2014年01月27日

除霊は対処療法の如し

前回のブログの続きです。


水の家系を継ぐ正統な陰陽師。第27代安倍 成道さんに除霊していただいて
1年半以上経ちました。

その後の状態ですが、顔の引きつりや、極端な慢性疲労は、かなり良くなったものの
ある一定レベル以上には回復しませんでした。

安倍 成道さんの実力は信じられる物ですので、私なりの解釈では、除霊は
ちょうど外科手術でガン細胞を取り除くようなものなのかなと。

ガン細胞を取り除いた事で、とりあえず緊急事態は防げるかもしれないけれど
その後の再発防止や衰えた体力回復は、本人次第の部分も大きいように
悪霊からの悪影響は取り除いても、元の状態、あるいはそれ以上に戻るには本人の
考え方や心がけ等も変えて行く必要性を感じます。

誰もが悪霊に憑り付かれる訳ではありませんから、やはり悪霊が寄って来てしまうのは
ネガティブな思考や過労状態なども原因だったのかなと。

私の場合、その頃勤めていた、ブラック的企業での限界を超えた労働による過労、
その会社に対する、愚痴、不満、怒り、憎しみ等が、霊に付け込まれる原因だったのでは。

除霊で全てが上手く行き出す訳では無く、クリアになった所からある意味、人生の
再スタートが始まる。

除霊は、決して不思議系が好きな人々の好奇心を満たすものでは無く、真摯に人生
を送る為、時には必要となる事もある物なのだと思います。


根本的問題点である、それらの過去の記憶を解消していくには、やはりホ・オポノポノ
が有効な気がします。地縛霊にも有効のようですし。



最後に、成道さんがご自身のブログで書かれている
(↓)「悪質な霊能者・占い師に騙されないための指針」を紹介しておきますね。
「霊能者」と「陰陽師」の違いとは【第4回】




もし、もっと 陰陽師 第27代安倍 成道の事を知りたい方がいましたら
成道さん自身が書かれた本『第27代水の家系 安倍成道 陰陽師の使命』
かなりいろいろな事が詳しく書かれています。
安倍 成道 アールズ出版 2012-12-13
売り上げランキング : 180715
by ヨメレバ


ちなみに、明日、1月28日には第二弾となる書籍『現代の陰陽師 安倍成道』
発売だそうです。
安倍成道 学研マーケティング 2014-01-28
売り上げランキング : 32936
by ヨメレバ





POI

にほんブログ村

ホ・オポノポノ ブログランキングへ
posted by うに at 16:16 | Comment(0) | 陰陽師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本物の陰陽師との出会い

元々、あまり上手く行ってなかった私の人生でしたが、ある事を機会に一気に
おかしくなりました。


それは10数年前。

今なら『ブラック企業』と呼ばれるような、肉体的にも、労働時間的にも、
人間関係的にも過酷な問題のある会社に勤めていました。

そして、ある朝起きようとしたら、全身から生気が抜けたように力が入らず
起き上がれません。

物理的に起きられないというより、まるで電池が切れたおもちゃのように
疲れ切って起きる気力が出ないという感じです。

結局、5日間連続で休んでしまい、会社から診断書の提出を求められ
這うように病院(内科)に行くと、検査結果的には問題が無いので
診療内科で見てもらいなさいと。

しかし、紹介された診療内科では、全く問題無いと診断されてしまい
診断書はもらえずじまい。

かといってその症状が改善された訳では無く、なんとかムリして会社へ
行くものの、また症状が悪化し休むの繰り返し。

再三会社からは病院でちゃんと検査してもらえと言われるのですが
何度行っても内科的にも診療内科的にも問題は無いと。



そんな状態が続いていた、ある日の帰宅時、それは起きました。


電車のホームで、同僚と話しながら電車を待っていると、反対ホームへ差しかかった
電車がいきなり汽笛を鳴らし続け、こちら側ホームへ、大量の砂利を凄い勢いで飛ばし
ながらホームを少し過ぎたあたりで急停車しました。

何が起こったかまるで分らない状態でいると、同僚が『あそこの塊、人じゃないか?』と
どうやら、投身した人が電車に引きずられ、線路上の砂利が飛び散らされたようです。

『ちょっと見行こうぜ』という同僚。
『やめとけよ』ととめようとして彼の後を追って、ふと視界に入ってしまったのは
無残な女性の姿。

幸いと言って良いのか、バラバラでは無かったのですが両足が切断され、はるか後方へ
うつ伏せだったので、顔が見えなかったのが救いでしたが、おそらく既に亡くなっている
感じでした。

しかし、その姿を見た瞬間、『無念だ......』という低くておどろおどろしい女性の声
が体の中を通り過ぎていく戦慄が。
耳に聞こえた感じでは無く、何か想念のような物が頭のなかに伝わってきたような。


私は全く霊感は無く、こんな体験は初めてだったので、物凄い恐怖。
家に帰っても、夜、カーテンや玄関を開けるのが怖くてたまらない状態が
1年位続きました。


そうしているうちに異変を感じたのが、自分の顔写真をとろうとすると
全く笑顔を作れないのでした。

どうがんばっても、笑顔どころか、自分で見ていても滅入るようななんとも
悲しい顔にしかなりません。

そしてその後、それはさらに悪化し、まるで誰かに顔を掴まれて引っ張られて
いるかのような感じで、顔や頭全体に苦痛を伴う程の強い引きつりが一日中
続く状態が10年程続きました。

最初は、そんな怖い体験をしたのですから、単に精神的トラウマからだと思って
いたのですが、どこの診療内科に行っても、そうした症状が理解出来ないようで、
最終的に6件の病院へ行ったのですが、
首をかしげるばかりで、特に問題無いといわれるか、あるいはうつ状態と診断されても、
その引きつりに関してはよくわからないと言われておしまいでした。


その引きつりも、ただ常時続くだけでなく、誰かとあって話している時に、突然理由も
なく発作的に強まり、それを打ち消そうとしてもがく為に、今度は怒ったような顔になって
しまうので、相手が「何か悪い事言ったのかな?」と心配そうな顔をするのが申し訳なくて
だんだん人目を避けるようになりました。


もしかしたら、霊的な事が原因かも?とは思っても、相談する相手もいないし
霊能者というのも信用出来ずに10年経ったある日

ネットでいろいろ調べていると、水の家系を継ぐ正統な陰陽師。第27代安倍 成道さん
という方のページが。

普段こうした霊的な物を信じない妻も、これは本物らしい感じがすると言うので
ダメ元で鑑定いていただいた所、やはりしっかりと憑りついていたようです、
その霊が。

こちらからは特にいろいろと説明した訳では無いのに、その女性の特徴を鮮明に説明
されたのには驚きました!
さらにその霊に引き寄せられて無数の霊も憑いていると。

そしてその霊たちが、不幸へと誘い掛け、他にもいろいろと人生において極端な
悪い状態が起きていたそうです。

早速、滅霊(成仏させるのではなく、この世から消すと共に、輪廻転生からも外され
完全に無としてしまう)していただくと、その帰り道から明らかな変化が。

あれ程苦しんだ、引きつりも緩和し、その後の人生も少し改善の兆しが。
証明は出来ないのですが、霊の事実も成道さんの力量もやはり本物としか思えない体験でした




POI

にほんブログ村

ホ・オポノポノ ブログランキングへ
posted by うに at 07:10 | Comment(0) | 陰陽師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

見えぬが仏

たまに霊能力がある人に出会う事がありますが、
私はつくづく霊感が無くて良かったと思います。

見えたところで、除霊とか出来ないのならコワイだけですしね(汗)
霊感ある人ってどこか不幸そうな人が多い気がしますし。
その能力によって幸せになれるのなら良いけれど。

多くの霊能者というのは、中途半端な能力のようで、果たしてどれだけちゃんと
判断出来ているのかが怪しいようです。

例えば、除霊に関しても、本人が除霊したつもりでも、、悪霊も一旦離れたフリをして
又、舞い戻ったり、全く取れてなかったり、逆に別の霊を付けてしまう事も少なくないらしい。

時には、霊を怒らせてしまい、自分に取り付いたり、能力があるばかりに、霊に絡まれたり(汗)

難儀な才能とも言えるかも?



以前、お世話になった、「水の家系」を継ぐ、正統の陰陽師 第27代・安倍 成道さんによると
人には霊的な能力を開くための、内なる五つの門があるそうです。

第一の門は全ての人が開いていて、それにより「勘が働く」経験をする事があるそうです。

第二の門が開いているのが、一般的に言う「霊感がある」人
プロの霊能者でも、このレベル〜せいぜい第三の門が半分ほど開いている程度。

正統の陰陽師は、この五つの門が全て開いているそうですが、常人ではこの状態に
耐えられず精神崩壊してしまうのだとか。

成道さんが陰陽師以外で会った、五つの門が全て開いている人は今まで一人しか
おらず、その方はハワイ在住のシャーマンだったそうです。

当時、成道さんは陰陽師として生きる事を拒み、海外放浪したり、普通に会社員として
働いたりしていたのですが、ハワイへ行く機会があり、その時にそのハワイのシャーマン
と出会い、「せっかくの能力を有効に使い、周囲の人々を助けてあげなさい」と諭され
陰陽師としての運命を受け入れたそうです。


その、ハワイのシャーマンって、まさかヒューレン博士じゃないでしょうね???
単に私個人の勘ですが(笑)


本来は隠密として行動しなければならない陰陽師。

けっして明かせない陰陽師の秘密情報や、他の陰陽師とのしがらみ。

そして、人の運命が映画の様にハッキリクッキリと見えてしまう
「先読み」という能力を持つがゆえ、うかつな発言が相手の人生に
大きな影響を与えてしまう事から、もの凄く相手に気を使い、とても慎重に
相手にとって必要最低限の事しか話さない成道さんですから

こうした、私の人生に無関係な事を聞いても、答えてくれない気がします(笑)




POI

にほんブログ村

ホ・オポノポノ ブログランキングへ
posted by うに at 15:31 | Comment(0) | 陰陽師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする