2014年07月28日

近況報告



4つの言葉や、クリーニングツールで記憶をクリーニング出来るという概念
をすっかり捨て去り。それらを全く辞めて約3週間経ちました。


一方で、ブルーソーラーウォーターだけは体や植物に良さそうですし、
拭き掃除に使うと汚れ落ちも良く、料理もおいしくなるので、単に良い
水という事で使い続けているのと。
HAの呼吸法&12のステップは、いままで通り行っています。

この実践で、ここ3週間の変化の一つである、毎日悩まされていた隣の
業者の騒音が嘘のように収まっています。



元々、我が家でホ・オポノポノを信じ始めたきっかけが、騒音対策でした。

とある都内の喫茶店で、1時間の間に3組もの騒々しい客が入れ替わり立ち
代わり来店し、よりによって私の隣のテーブルに座ったのですが、どう見
ても長居しそうな、うるさい客たちが、クリーニングの言葉を唱えると、
5分も経たないうちに急に静かになったり、何故か遠くの席に移動したり
しました。

『これは凄い!もしかしたら隣の業者の騒音にも効果があるかも?』

と始めたのですが、いくらクリーニングしても全く効果無いどころか、
かえって余計にうるさく、しかもそれが以前より長時間続くようになって
しまいました。

もう、堪忍袋の緒が切れて、市役所の環境保全課に相談して、仲裁役に
なってもらい、直接交渉したのですが、
『言い分はわかりますが、うちとしても精一杯気を使って作業している
 のでこれ以上はどうしようもない』と物別れに終わってしまいました。

その後も、騒音は相変わらずで、もう我慢し続けるしかないなと諦めて
いたのですが、クリーニングをやめて2、3日経つと、不思議な事に静
かな日々が続いています。

その業者、土日祭日、連休も休まず朝から晩まで作業しており、休みに
なるのはせいぜい盆、正月にそれぞれ2日あるかないかの、ほぼ年中無休。

多少騒音が少ない日があってもそれが3日以上続く事は、数年間皆無だった
だけにとても不思議です。

かといって、作業員がいない訳では無く、本来その作業をしなければ仕事
にならないという作業をほとんど行わなくなりました。


モチロン、たまたまという可能性もありますが、あれだけクリーニングして
ダメだったのが、やめた途端に急に変化したというのも、偶然にしては
タイミング合い過ぎかなと。

他にも対人関係とか、日常の雰囲気が言葉やツールでのクリーニングを辞めて
以来穏やかになりました。




とまぁ、あくまで我が家のケースですが、頑張ってやっていても変化が感じ
られない、あるいはかえって悪化したという方は、もしかしたら、ちょっと
クリーニングを休んでみるのも効果的かなと思います。



POI

にほんブログ村

ホ・オポノポノ ブログランキングへ




posted by うに at 15:48 | Comment(2) | ホ・オポノポノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

スピリチュアル共依存



最近、心理学的アプローチをしてきた方が、スピリチュアルな
要素も取り入れたり、スピリチュアルを生業としながらも、
ちゃんとした心理学的バックボーンも兼ね備えたという方が
増えて来ているようです。


そうした双方のしっかりした基盤を持つ方々のお話を読んでいると
私がうすうす感じ始めた事と類似点が多かったです。


それは、実はスピリチュアルな事を始める以前にクリアにすべき
課題があるという事。

彼らの共通した意見とは。

アダルトチルドレン共依存、が原因である心の辛さを、スピリチュアル
で解決しようとする人が多いが、そうした事の本質的原因はスピリチュアル
的手法で解決するのは、なかなか難しいと。

アダルトチルドレンの改善法とスピリチュアルでは、全く手法が異なり、
きちんとしたアダルトチルドレン専門機関に赴く方が、お金も時間も無駄に
ならないとの事。

アダルトチルドレンつまりインナーチャイルドを癒すには、心理学を用いた
メンタルワークが必要で、アダルトチルドレン独特の特徴を含んだ心理学
を習得しているプロフェッショナルな人々から手ほどきを受けた方が実用的
かつ、自分の成長段階が分かるステップなどで回復力を図る事が出来て、
達成感があるそうです。

スピリチュアルは、目に見えない世界なので、何が正しいのか確証が無い分
自分を信じる確固たる気持ちの強さが必要とされ、それがなければ、
セラピストやヒーラーの言葉に翻弄されてしまうのですが、皮肉な事に結局、
共依存という関係を結ぶ対象が親や恋人ではなく、スピリチュアルにすり
替わるだけだと。


結局、スピリチュアルで解決したいと思っている課題の本質的原因を
あらかじめ心理学的手法でクリアにした後で、スピリチュアルに移行
しなければ、満足いく効果が得られないという、パラドックスに陥って
いる方が多いらしいです。

人によっては、親子間の共依存を断ち切る為に、まず親と決別して
完全に親からの呪縛か逃れる事が先決な場合もあります。

スピリチュアルというは、まず精神的基盤がしっかりしている人が
更なる精神的成長を願って行うのが、本来の姿だと言います。

そういえば、過去受講して、ほとんどの方が効果を感じられ無かった
セミナーでも、ちゃんと効果が得られたという数少ない方は、皆
そうした精神的な深い闇が皆無と思われる方ばかりでした。



私たち夫婦も、SITHに対する迷いが生じた事が幸いして、こうした
事に気が付く事が出来ました。

とはいえ、完全にアダルトチルドレン、共依存などの問題をクリアに
してから、再びホ・オポノポノを始めるのでは、かなり先になってしまい
ますので、今では準備体操のように、ゆる〜くホ・オポノポノを実践
しながら、心理学的課題にも取り組み始めています。



しかし、そのアダルトチルドレン独特の特徴を含んだ心理学を習得して
いる信頼出来そうな、実力ある方を見つけるというもの非常に難しい
ようです。

あるいは、いてもかなり高額であったり。


でも、アダルトチルドレンや共依存を解消するのに有効な、TA(交流分析)
やアドラー心理学を自分で学ぶのなら、探してみると、NPO法人や
ボランティア団体で、格安(場所代程度)で教えてくれるところが全国に
いくつもあるようです。

もちろん、良いカウンセラーと縁あって出会う事が出来ればそれはそれで
良いですが。
そうして、頼れる誰かを熱望し過ぎる事自体も、結局共依存ですしね。


私としては、自力で自分で学んで自分で治す方が、いつまでも良い
カウンセラーを探して彷徨うよりは、結局近道で、安上がりな気がします。

もし、自分で自分の事を解決出来るようになれば、自分に自信が付きますし
他の方の相談にも、のれそうですしね。



POI

にほんブログ村

ホ・オポノポノ ブログランキングへ


posted by うに at 23:09 | Comment(0) | ホ・オポノポノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くしゃみ3回、ルル3錠



今回(も?)、現在のSITHに関する批判と思われがちな記事になります。

現在のSITHを心底信じて、実践されている方には、ごめんなさい。
読まれないのが一番ですが、もし読んでいて憤慨され始めましたら
精神衛生上良く無いですから、すみやかに他のサイトへ移動される
事を強くお勧めいたします。

しかし、私にとっては、これから書く事がとてもPONO(正しい)
事との思いから、書かせていただきます。






さて、

突然ですが、『ルル』という総合かぜ薬をご存じの方も多いと思います。

1951年に発売開始だそうですから、今年でもう64年という長い歴史を
持つ、馴染の深い一般市販薬。

飲んだら、たちどころにすぐ治るというものではないですが、一方で
副作用も少なく多くの方にとって、安心して使える薬でもあります。


そういう点では、安全に実践出来ると強調している、現在のSITHと
似通った部分があるかなと思います。

安全な分、即効性や劇的な効果が無く、ある程度、続ける必要があると。


モミラニ博士は、とあるインタビューで
「日本中の道路を歯ブラシで綺麗にするようなものです」と語っていましたが
その話からも、変化が感じられるのには時間がかかってしまうのも致し方ない
と思えます。



一方で、星の数ほどあるスピリチュアル系メソッドの中では、ハッキリと効果
が感じられる方の割合が多いらしい効果的なメソッド、とも聞きます。

ホ・オポノポノは元々は、秘術的な物で、霊的な能力の高い熟練したカフナの
元において行われるものだったそうです。

これを、医療行為に例えると、劇薬ではあるが、適正な使い方をすれば、
大きな効果が得られる薬を、腕の良い医師によって、的確に処方される
ようなものでしょうか。


その劇薬的成分が、誰にとっても安全なように薄められて配合されている
のでSITHで効果が出やすい方も多いのかもしれません。


しかし、その十分安全な程、薄まった劇薬成分も、ある方々にとっては、
アレルギーを誘発する成分のような働きをしてしまっている気がします。


不安定な方、つまり、強い依存症やAC(アダルトチルドレン)、有害な
禁止令などを持つ人にとっては、
ちょうど普通の人にとって無害な成分が、アレルギー物質になってしまう
ような事でしょう。


結果、精神的にひどく落ち込んだり、うつになったり、自殺願望が
出てしまったり。

他のスピリチュアルメソッドと比べて、効果があったという事例が
多いのと、同時に、こうした悪い報告も多く目にするのが気になる
ところです。

こうした不快な状態も、スピリチュアルな世界では、全て好転反応で
片づけてしまう傾向があります。


一般市販薬の場合ですと。どの薬にも
『○○な症状が出ましたら、すぐに使用を中止して、医師に相談して下さい』
と注意書きに書かれています。


しかし、スピリチュアルの場合、一対一で対面して診てくれる医者のように、
果たしてそれが本当に、好転反応なのかどうか、判断してくれる方がいない
事がほとんどです。


又、現SITHの場合、苦しい状況が現れても、『一旦やめてみて下さい』
とは言わず、
『それも、ウニヒピリが見せてくれた記憶です。「見せてくれてありがとう」
 とお礼を言ってクリーニングしましょう』
と相手の状況に関わりなく、一律な回答しか示していません。


さらに、全てクリーニングと説いていますので、一旦中断するどころか

『その苦しいという気持ちもクリーニング』
『不安な気持ちもクリーニング』

となって続けてしまいます。




4つの言葉に関して私は、その中に抵抗がある言葉があるなら、別にその
言葉を言わなければ良いだけの事であって、問題は無いと思って来ました。

だいたい、物凄く抵抗がある方なら、その言葉をいう事すら出来ないか、
あるいは言えても、何度も繰り返す事は出来ないでしょうし。



ところが、最近妻に聞いた話に驚きました。

妻は全くそういう言葉に抵抗が無いと思ってきたので、普通に4つの言葉を
唱えて来たそうですが、実はかなり精神的に重苦しくなっていたのだそうです。

しかし、自分にとって良くない言葉が含まれているとは、全く思っていなかっ
たので、4つの言葉を全て言う必要は無いと知っていたけれど、疑うことなく
繰り返していたそうです。


このように自覚がないケースもあるので注意が必要ですね。


4つの言葉のどれか特定の言葉が原因だったという確固たる証拠はありません
が、その話を聞いて以来、4つの言葉を繰り返す事と、なんでもかんでも、
常に一瞬一瞬クリーニングする事を、きっぱりやめて数日後、妻のみならず
、私もす〜っと気持ちが落ち着いて楽になり、あれほど激しかった対立も影
をひそめ、相手に感謝の気持ちが自然に湧いてくるようになりました。



何がどう、関わってきているのか、考えてもわからないとは言ってますが
1人1人の状況を判断出来ないシステムで、一旦やめる事に罪悪感を持たずに
済む助言が無く、結果相手を追い込んでしまう傾向にとても危うい物を感じ
ます。




長くなってしまいましたが最後に、強い『禁止令』を持つ人がどれだけ危うい
状況かという事を説明させていただきます。

禁止令とはTA(交流分析)において、うつ病やパニック障害などで悩まされて
いる人には無意識に働いている13の禁止令があるとされています。

1・存在するな
2・成長するな
3・自分の性(男・女)であるな
4・子供であるな
5・重要であるな
6・成功するな
7・所属するな
8・健康であるな
9・親しくするな
10・感じるな
11・考えるな
12・実行するな
13・欲しがるな

これらは幼児期に非言語(表情やジェスチャーなど)で大人から伝えられ、
そして人生脚本に組み込まれ、望ましくない人生を歩むことになる可能性
が高いです。

そして、日常で出会う人、出来事や、スピリチュアル、カウンセラー、
なんであれ、うっかり地雷を踏むように、これらの禁止令にふれてしまうと
その人の中では激しい反応が現れてしまいます。



極端な例で言いますと。

『存在するな』という禁止令と『離れているなら存在しても良い』という
肯定の意味の拮抗禁止令を持つ人がいて、カウンセラーにかかるとします。


カウンセラーは普通、クライアントの本音を聞き出す為に徐々に近しい
関係を作り上げようとするのが普通です。

しかし、この場合にカウンセラーがこの禁止令と拮抗禁止令に気が付かず
心の中に踏み込んでいくと、そのクライアントの中では相手と
『離れている』関係が崩れ、『存在するな』という禁止令のみが残るので
最悪自殺にいたる事も少なく無いそうです。

ですから、カウンセラーは絶対に相手の目をしっかり見続けて、どんな些細
な変化も見逃さないようにしなくてはなりません。


同様に、例えばそれがSITHであれ、SITHの手法の何かが、何かのきっかけ
で、ある実践者の禁止令にふれてしまうと、同じように、問題ある状態に
陥る可能性が高いです。

SITHの教えでは、こうした禁止令すらも記憶でしょうから、クリーニング
すれば良いのでしょうが、少なくともしばらくクリーニングを続けても
改善されないどころか、悪化するようでしたら、速やかに一旦やめられた
方が、ご自身の身の為にも無難だと思います。



逆に、順調に問題が改善されている方は、全くこれらの事は問題無いと
思いますので、そのまま迷わずに続けられる事をお勧めしますが。

一つだけご注意願いたいのが、ご自身の上手く行っている体験談を
上手く行っていない方の勇気付けには、使わないで欲しいのです。

相手の本当の状況がわからないままに、ヘタに勇気づけする事に
よって、その相手が上記の状況ゆえに、即刻SITHを中断した方が
良いのに、その機会を逸する事になるかも知れませんので。

よろしくお願いいたします。



POI

にほんブログ村

ホ・オポノポノ ブログランキングへ


posted by うに at 14:20 | Comment(5) | ホ・オポノポノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする