2015年03月22日

ハロー効果


ハロー効果というのをご存知でしょうか?

例えば学歴、権威、社会的地位、外見、などが優れていると、人格など中身
まで全て優秀と錯覚してしまい、更にはその人物の言う事なら荒唐無稽な事
さえ疑う事も忘れて信じてしまうなど。

良くも悪くも、ビジネスにおいて利用される事も多く、特に荒稼ぎする
あくどいビジネスや、新興宗教、スピリチュアルなどでフル活用されがち。


私も振り返ってみると、お恥ずかしながらスピリチュアルなどのメソッドで
結構ハロー効果にしてやられてました(汗)

最初は、違和感を感じた事でも、信用してのめり込んでいる時は、ちょっと
考えればおかしいと気が付く事が、わからなくなっていて。


あとで冷静に考えれば、すぐ気が付くような事なのに。
一種の洗脳のようなものでしょうね。



ホ・オポノポノでも続けていくうちに、一度は納得したつもりの事も
時間が経つにつれて、どうも変だという気持ちが抑えきれなくなった
事柄がいくつも出てきました。


中でも一番納得が出来なくなった事は。

ジョー・ビターレ氏によって広められ、ヒューレン博士の名前を一躍
世界的に高めることとなった、ハワイの州立病院での奇跡の話。


その病院の特別施設は、殺人、レイプ、暴行、窃盗などの罪を犯した
にもかかわらず精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは 無罪となった
人たちが収容されていた。

そこにヒューレン博士が要請されて1983年〜1987年の勤務し
その間、患者と会ってカウンセリングする事は一切せずに、ただただ
毎日患者達のカルテを見て、クリーニングし続けただけで2〜3か月
のうちに、毎日のように院内で起きていた暴力事件が減少し、
絶対治らないと言われていた患者たちは次々と回復して退院していき
最終的には必要なくなって閉鎖されたという、有名なお話。



最初は『へぇ〜、凄いな!ちょっと信じがたいけどそんな事もあるのかも』
と思っていました。



でも、とある話を読んでふと疑問がムクムクと湧き上がりました。

その話とは。

アメリカでは、1人の犯罪者に対して年間約5万ドルもの費用が発生して
いるので、ヒューレン博士のその功績によって日本円にすると数億円にも
上る経費が浮いたとの事。

それなら、経費削減にうるさいアメリカ政府がこれほどの目覚ましい効果を
アメリカ本土の各地にある同様の施設でも試したという話が30年程過ぎた
現在まで全く無いのはどういうことなのだろう???


さらにこの話は、ジョー・ビターレ氏の著書『ハワイの秘宝』によって
世界中に瞬く間に広がったのですから、アメリカ国内のみならず、海外
からも問い合わせや依頼があっても良さそうなものですが。




実はこの謎を解くカギになりそうな情報を目にしました。

その情報によると、この病棟の話は、ごく小規模のあくまで
実験として試してみた程度、病棟の一部のグループに施行
しただけ。

そして、実際にメインにクリーニングを行ったのはモーナで
忙しかった為なのか理由はわかりませんが、モーナは病棟へは
赴かず。当時、助手だったヒューレン博士がモーナの代理として
病院へ勤務したとの事。

そして、その結果は中には改善する患者もいた。という程度が
本当のところだったらしいです。


つまり、モーナの助け無しに、ヒューレン博士単独では巷で広まった
話のような奇跡を起こせるだけの力量はないのでは?

そして、そのモーナの協力をもってしても、全員ではなく、中には
改善する患者もいた、という程度の実験結果だったので、当時は
大きな話題となることも無かったのではないでしょうか。


1992年にモーナが無くなった当時、ヒューレン博士はモーナの秘書の
ような立場だったので、モーナが残した文献や、教え、手法などの
著作権や権利を全て自分一人で引き継げるようにしてしまったと、
その情報は伝えており、よって他の誰も、ヒューレン博士に口出し
出来なくなってしまった。


その後、スピリチュアル系の手法をビジネスに結びつける天賦の才に
秀でていたジョー・ビターレ氏がホ・オポノポノに注目し
『これは修正を加えればきっとビッグビジネスに結びつく』
と考え、ヒューレン博士と共同で、モーナの時代のホ・オポノポノを
大幅に変えてしまったのが現在世界的に広まっているヒューレン博士
のSITH ホ・オポノポノであるというような旨の事を伝えています。


まぁ、この手の話はホ・オポノポノや他のスピリチュアルに限らず
どこの世界にもある話です。

何かの考えを否定する側の人間は、事実を事実以上に誇張したり
歪曲する事も多々ありますから、こうした情報が100%事実かどうか
の保証はありませんが。

この話と照合すると妙につじつまが合ってしまいます。


でも私は、ただ単にこれらの事を批判しているのではなく、どんな事
でも盲信的になっては危険、しょせんどんなものでも人間が作り出し
たもの。

完璧で、間違いや欠点のないものなど存在しないし、最初は心から善意
で何かを始めた人でも、お金や地位、名声などによってガラッと人が変
わってしまうケースは大昔からよくある事。

ですから、どんなに信用している事や人でも常におかしい点が無いか?
おかしい方向へ向かっていないか?チェックする視線は持ち続ける事が
大切だと思います。


特に日本人は『この人が言う事だから大丈夫』と、何でもかんでも人で
物事を判断基準にしすぎる傾向がありますのでご注意、ご注意!



POI

にほんブログ村

ホ・オポノポノ ブログランキングへ




posted by うに at 20:12 | Comment(5) | ホ・オポノポノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味深い記事を読ませていただきました。
以前から、矯正収容所の話と、ジョービタリーとの関わりに疑問を抱いてきた者です。

hawaiiの とあるカフナによると、
『魂』『身体』 そして『心』のバランスが
何より大切、と説いているそうですが、
(とある人の著書にそう書かれていました。)

 モーナは違います。

 『魂』『身体』 そして『ファイナンシャル』 つまり 『お金』が大切だと、
 言っていたそうなんですよね。
 (KRの著書に書かれてました。)

 ホオポノポノは 素晴らしいと感じる一方
 、どうしても 高額セミナーが気になります。 本当に素晴らしい事なら無償でやるような話かと思いました。

 
Posted by ららん at 2015年04月27日 18:34
ららんさん、コメントありがとうございました。

そうですよね。ある方は『その病棟の話が本当ならノーベル賞ものでしょうになぜ?』

と言ってました。

初期のセミナーには医者を初め知識人も多く参加していたらしいですが、場の雰囲気にでも飲まれたのか、そうした反論の記事は見たことがありません。

>本当に素晴らしい事なら無償でやるような話かと思いました。

名前は忘れましたが、昔イギリスに本物の心霊治療家(?)がいて、生業は普通に仕事をしていて
治療に関しては、仕事以外の時間に完全無償で
行っていたという話を聞いたことがあります。

夜の虹の写真で有名な自然写真家、高砂淳二さんの著書
『夜の虹の向こうへ』の中にハワイで出会った
本質的実力のあるカフナが2人紹介されています。

2人とも古来からの本当のホ・オポノポノを
実践されていますが、そのうちの1人、
カイポさんは、生活する上で本当に必要最低限
の施ししか受け取らないようです。

高砂さんがSITHホ・オポノポノに違和感を感じ
、その2人のカフナに本来のホ・オポノポノ
に関して質問した答えがとても興味深く感動しました。
Posted by うに at 2015年05月05日 17:07
ご返信ありがとうございます。
私が読んだ本は

 ハワイのカフナから学んだ「幸せ」と「お金」の教え ルイ龍池 著 

ルイ龍池さんという人自体に興味があったというよりは、Hawaiiのカフナを紹介してもらったというくだりがあり、読み進めたのですが、その後、ネットで検索して その著書の人となりを見ると、どうも「お金儲け」優先の人のように感じてしまいました。

この著者がhawaiiで紹介されたカフナによると、
仕事で成功を収める為に大切なのは、仲間との信頼関係等、具体的で現実的なアドヴァイスです。
『魂、心、肉体』のバランス、と書いてありました。

ルイ龍池さんネット記事は
『経営コンサルタント・ルイ龍池インタビュー』
で、検索すると いくつかありますが、
ルイさんが紹介されたカフナによると
 大切なのは 『魂 感情 肉体』のバランス(著書には「心」と)

ヒューレン博士は心理学を学んだ方で、
、ミルトン・エリクソンのエプソードと同じ話が出てきたりして、
ご自身の体験なのか、パクリなのか、微妙だと
感じる事がありました。

だいぶ ご高齢ですし、動画を見た限りでは
 少し *ケてらっしゃるかという印象も
あります(笑)





Posted by ららん at 2015年05月07日 18:06
ららんさん。情報ありがとうございます。

ルイ龍池さんは存じませんでした。

何だか、立派な事を言ってる割には、本人の
考え、行動に問題ありな方が多いですよね。

一体何を信じれば良いのやら............(汗)
Posted by うに at 2015年05月09日 17:50
お邪魔しま〜す。

「ヒューレン博士はお金儲けをしている」
このことは真実です(笑)

でも、ヒューレン博士の本の内容は、人を幸せにするものだと思います。

僕は、ヒューレン博士の本を、ブックオフで200円で買って(ヒューレン博士には一円も利益をもたらしていない(笑))、その内容を信じて、収入が劇的にアップしました。


斎藤一人さんの本も読んでいます。
でも、斎藤一人が販売される商品は買っていません(笑)


ヒューレン博士と一人さんは同じことを本に書かれておられます。
どちらも9割内容が真実だと思います。


うにさんへ

ヒューレン博士を観察して、うにさんを嫌な思いにさせること探すことは、どうでもいいのだあ〜。

それよりも、ヒューレン博士の本から、彼自身の我から書かれたものではない、昔からこの世界にある、『確実に人が幸せになる方法』を手にいれましょうよ。


ところで、うにさんのブログですが、あなた様のお人柄の良さがにじみ出ています。うにさんは、素敵な方なんでしょうね。

ありがとうございました。

Posted by きいろの人 at 2015年05月16日 08:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。